カフェ開業を目指す人におすすめの本12選

23 views

70%の飲食店は3年以内に閉店します。

大好きなカフェを長く続けるためには勉強しておいて損はありません。

カフェを開業したい!

実はカフェを開業するだけなら、想像よりも遥かに簡単です。テナントを見つけ、事業計画書を作成し、融資を受け、工事を依頼して、お店を作ればいい。

もちろん大変なことではありますが、開業はあくまで手を動かせば実現することです。

本当に難しいのは、カフェを続けることではないでしょうか。

3年以内に7割の飲食店は閉業するというデータがあります。どうせなら自分の夢であるカフェなのだから長く続けていきたいもの。

そのためにはカフェを始める前から、必要な分野の知識を蓄えておくことが大切です。

カフェ開業に必要な知識の分野

・飲食店の開業の手順
飲食店開業にまつわる制度や手続き、テナントの探し方などの全般的な知識

・経営
利益率や原価率の考え方、事業運営の全般的な知識
もしスタッフを雇用するなら、労務に関する知識

・コーヒー・調理技術
カフェを開業しようとする方は、スイーツ/フード/ビバレッジのどれかが得意なことが多いと思います。得意なもの以外に関する知識も習得しておく必要があります。

・集客・マーケティング
どうすればお客さんの目に留まるのか。どうすれば一度来てくれた方がリピートするのか。美味しいだけ、かわいいだけではお客さんは来てくれないことを理解しておく必要があります。
テナント選びからマーケティングは始まっています。開業前から勉強をし始めましょう。

・デザイン・内装・DIY
「自分だったらどんなお店にするかな?」という視点を持ちながらいろんなお店を訪れることで得られる経験がたくさんあります。

・資金集め
「お金は銀行から借りるものだ」「できる限り自己資金でスタートしたい」そんな固定概念を持っていませんか?創業時しか使えない融資などもあります。クラウドファンディングなども検討してみましょう。

この記事では、カフェの開業・経営に必要な知識を得るためにおすすめの本を分野別にまとめました。

カフェ開業全般に関する本

カフェを開業するにあたって、まずはどんなお店にしたいか想像を膨らませるための本です。

その上で、どんな準備が必要なのか。利益やコスト、物件探し、営業許可の申請方法など、カフェを開業するために必要なことの全体像を把握することもできるので、勉強をスタートするために読んでおいて損はないと思います。

小さなカフェのはじめ方

小さなカフェで開業を成功させたい人のための一冊。

カフェをはじめる人の本

東京で8店舗、地方で6店舗、実際にかかったお金の情報などを交えながらカフェを始めた実体験をまとめている本です。

1人か2人で営業している小さなお店が多め。

経営

カフェ手帳―カフェオーナー必携!開業&経営のお悩み解決ハンドブック

カフェズ・キッチンというカフェ開業スクールに寄せられたカフェの開業と経営にまつわる疑問への回答集です。実際に開業された方のリアルな質問なので参考になります。

カフェ開業の教科書―小規模で強い店をつくる

コーヒー御三家と呼ばれる「カフェ・バッハ」の田口 護さんが、カフェの開業に必要なもの選びに加え、販促物の作り方、接客サービスなどお店を長く続けるために大切なことをまとめています。

コーヒー・調理の技術

コーヒー おいしさの方程式

同じくカフェ・バッハの田口 護さんと、コーヒーを科学的な側面から探究する旦部 幸博さんがタッグを組んだ著書。田口さんの経験から語る言葉を旦部さんが科学的に補足しながら、コーヒーの焙煎・抽出についてまとめられています。

美味しいコーヒーとは何か?という疑問に答えがほしい方は読んでみてほしい1冊です。

Cafe’s Kitchen~カフェメニューの参考書

少し価格は高いが、カフェのメニューを考える上で読んでおきたい本。

集客・マーケティング

カフェの開業本でおざなりにされがちな集客・マーケティングの分野。

SWOT分析や3C分析など、難しい言葉が多く敬遠しがちですが、これだけは絶対に勉強してほしい分野です。

お店を営むということはお客様に商品を買ってもらうということです。利益を上げなければお店は続きません。

より少ない手間で、より多くの利益を上げるのがマーケティングです。

  • より立地のいい物件を選ぶ
  • 内装や家具を居心地の良いものにする
  • 美味しいコーヒー豆を使う
  • Instagramに写真を投稿する
  • ポイントカードでリピートしてもらう
  • 公式LINEアカウントでお得な情報を配信する

これらは全て、目的は新規のお客さんにお店に来てもらうか、一度来てくれた方にもう一度来てもらうための行動=マーケティングです。

何が言いたいかというと、お店をやるためには絶対にやらなければいけないことなんです。

お店を成功に導くためにも、ぜひ開業前から勉強しておきましょう!

弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門

カフェ開業に限った本ではなく、マーケティング全般についてわかりやすく解説してある本です。

全国の繁盛店から導いた集客の法則 飲食店の五感刺激マーケティング

飲食店の売上を伸ばすことに絞ったマーケティング本。カフェの開業に際しても参考になるはずです。

デザイン・内装・DIY

デザインは自分の中の世界観を表現するいちばんの方法です。

一冊の本で学ぶことは難しいですが、できる限りたくさんの事例に触れておくことが大切です。

DIYで、カフェをはじめました。 オーナー9人に学ぶお店のはじめ方・つくり方

カフェの空間学 世界のデザイン手法: Site specific cafe design

資金集め

全て自己資金で開業することは必ずしもベストな方法とは言えません。

例えば、銀行から融資を受けて返済をした実績を作ることが、のちのち有利に働くこともあります。創業時にしか借りれない融資も存在します。

大切なのはリスクとメリットを比較し、自分にあったものを選びかつ確実に融資を受けられる方法を学ぶことです。

繁盛する飲食店が必ずやっている 開業資金の調達方法

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

今は一般的な方法となったクラウドファンディング。

資金を集めるためには有効な手段ですが、飲食店の場合はやり方を間違えるとただの安い前売り券になってしまったり、思ったほど集まらず手間だけかかってしまった、なんてことになりかねません。

賛否両論はあるものの日本で最もクラウドファンディングで支援されていると言っても過言ではないキングコングの西野さんの本です。

ポイントはこの本を読んだ後に、できる限りたくさんのクラファンの成功例と失敗例を調べて何が要因なのかを分析することです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カフェ開業に必要な知識が、想像以上にたくさんあって途方もなく思えてきてしまったかもしれません。

実際のところこれらの本を読んで勉強をしたところで、知識だけでは何も意味をなさないと思います。

そこらじゅうで言われていますが、知識を身につけた上で、行動をしてみることが大切です。

例えば、マーケティングの勉強をしたなら実際にSNSでカフェめぐりのアカウントを作って運用してみる。

それだけなら無料で始められますし、そこでファンがついたならいつかオープンした時のカフェに来てくれるはずです。SNSを実際に運用して得たスキルはカフェ開業後にも必ず役に立つはずです。

コーヒーや調理のスキルも家で試せます。デザインや内装も自宅で試してみたり、雑貨を買い集めてみたり。

もしカフェを開業してみたいと思うなら、間借りカフェという選択肢もあります。(間借りカフェをやっている身としてはあまりおすすめしませんが……)

なぜここまで勉強することを強く勧めるかというと、せっかく開業したカフェを閉店するようなことになってほしくないからです。

実は僕の妻もカフェ開業を目指す仲間の1人。

もっとこうしておけば、とならないよう出来ることは全部やって、夢を叶えていきましょうね!

なおき

なおき

初心者向け お手軽コーヒーブログ「nao coffee」の運営者。自家焙煎珈琲店での経験をもとに、間借りカフェを不定期で開催しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × two =