ヨーロッパいち退屈な首都、日常とコーヒー

248 views
アイキャッチ

たびねこカフェめぐり第四話
Sweet Beans Coffee

オーストリアの首都ウィーンからバスに揺られて約2時間。

スロバキアの首都ブラチスラヴァはウィーンとセットで「世界一近い首都」です。でもブラチスラヴァはにもう一つ称号があるんです。

それはヨーロッパでいちばん退屈な首都。なんとも残念で不名誉な称号ですね。

落書きのネコ

落書きに溶け込んだネコ。色の使い方が気になってパシャリ。

実際に訪れてみると街の作りは非常にコンパクト。元気な人なら歩いて回れます。

ガードレールと顔

観光スポットは少ないけど、街を歩いているだけでも住んでいる人たちの遊び心が垣間見えて楽しい。

ガードレールと顔②

こんな遊びも。

謎の像

謎の像が歩道の真ん中に突如現れます。退屈な街の幸せな日常。

そんな街のコーヒー屋さんに行ってみました。

Sweet Beans Coffee Roastery

とても落ち着いた雰囲気の穴場カフェ。

カフェ内装

奇抜なものはありません。でも家にいるのとも違う。

ゆったりとソファに沈み込めば体を優しい空気が包み込むような。

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーはあっさりとしていて爽やかな香りがスッと通り抜けるような美味しさ。

ラテとケーキ

ラテとチーズケーキも。美味しい。

お土産にエルサルバドルのコーヒー豆も買って帰りました。

新型コロナで国境が封鎖されてしまって今は遊びに行けないけど、いつかまた行けるといいな。

Sweet Beans Coffee Roastery

ブラチスラヴァ【スロバキア】

前の話はこちら
←第三話 Kahavipaahtimo Lehmus(フィンランド)

次の話はこちら
第五話 Madal Café(ハンガリー)→


ウィーンの昼下がり【エチオピア 中煎り】

カップに鼻を近づけた時に広がるフルーティな香り。口に含んだ時に感じるのは甘みとコク。バランスの取れた酸味と苦みがどんな料理やスイーツにもよく合います。

100gあたり900円。送料は全国一律300円です。ご注文時に豆か挽きをお選びください。

なおき

なおき

nao coffeeの店主
コーヒーを探究して、その情報を共有しています。飲み比べをしたり、淹れ比べをしたり。たくさんの人が自分の大好きなコーヒーを見つけられるようになるのが目標です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − six =