【WAC2010】エアロプレスチャンピオンシップ準優勝のレシピ

197 views

ワールドエアロプレスチャンピオンシップ2010で準優勝のジェッペ ハサガーさん(デンマーク)のレシピです。

特徴は2つ。

  • 75℃の低温抽出。
  • ハリオのドリッパーでお湯を入れる。
コーヒー18g
挽き方 ドリップより若干粗挽き
湯温と湯量75℃ 230g
使用方法インバート
フィルターペーパーフィルター
抽出時間1:45
  1. コーヒーをチャンバーに入れる。
  2. タイマースタート。
  3. ハリオを使って優しくお湯を注ぐ(ハリオのドリッパーを使うという意味だと思います)
  4. 10秒間優しく底までかき混ぜる。
  5. ペーパーフィルターをリンスする。
  6. 1分15秒後にプレスを開始。優しく30秒でプレスする。
  7. 液面からコーヒー粉が見えたらプレス終了。
  8. スプーンでコーヒーを上下に混ぜる。
  9. カップに移して完成!

引用元:World AeroPress Champion Recipes

淹れてみた感想

今回使用した豆はコロンビアの浅煎り。手網を使って自分で焙煎したものです。

ドリッパーはなくてもいいかも?

75℃の低温でじっくりと抽出するスタイル。

ハリオのドリッパーを使う以外はそれほど特別な手順はなく、シンプルなレシピです。

慣れないうちはドリッパーを使うと味が安定するかもしれませんね。慣れてきたら使っても使わなくても大丈夫そうです。

あとからふわっと香る

はじめ口に含んだときはちょっと薄いかな?とも思いました。

でも後味と口の中から鼻に抜ける香りがとても柔らかくて、甘みもありその印象はなくなりました。

この豆はナッツやチョコっぽい香ばしい香りがするはずなんですが、むしろ甘い花のような香りがします。レシピで香りの傾向が変わるのはとても面白いですね。

おそらく75℃という湯温が影響しているのだと思います。他のレシピでも低温抽出を試してみて味の変化を調べてみたいと思います。


ウィーンの昼下がり【エチオピア 中煎り】

カップに鼻を近づけた時に広がるフルーティな香り。口に含んだ時に感じるのは甘みとコク。バランスの取れた酸味と苦みがどんな料理やスイーツにもよく合います。

100gあたり900円。送料は全国一律300円です。ご注文時に豆か挽きをお選びください。

なおき

なおき

nao coffeeの店主
コーヒーを探究して、その情報を共有しています。飲み比べをしたり、淹れ比べをしたり。たくさんの人が自分の大好きなコーヒーを見つけられるようになるのが目標です。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事