【WAC2018】エアロプレスチャンピオンのレシピ

294 views

2018年11月にシドニーで行われたワールドエアロプレスチャンピオンシップ2018。

見事優勝したカロリナ イバラ ガレーさん(アメリカ)のレシピです。

特徴は2つ。

  • 木の箸で30秒かき混ぜる
  • コーヒー豆かなり多め、お湯少なめ
コーヒー35g
挽き方 (細 1 > 10 粗)8/10
湯温85℃
使用方法インバート
フィルターペーパーフィルター
抽出時間90秒
  1. チャンバーにコーヒーを入れる
  2. 100gのお湯を30秒かけて入れる。
  3. 木の箸で30秒間、注意深く強めに混ぜる。
  4. お湯で流したフィルターキャップをチャンバーに取り付ける。
  5. 30秒かけてサーバーに抽出する。
  6. 85℃のお湯 60gと常温の水 40gを入れて濃さと温度を調節する。
  7. 予熱をしていないカップに移して完成!

引用元:World AeroPress Champion Recipes

淹れてみた感想

今回使用した豆はエチオピアの浅煎り。オーストリア・ウィーンの老舗ロースタリー「アールト ウィーン」の焙煎豆です。

箸で混ぜる!?

このレシピの特徴は木の箸で混ぜること!割り箸で大丈夫だと思います。

炭酸飲料をくるくるしたことがある人ならわかるように、割り箸で混ぜると木の繊維のせいかよく泡立ちますよね。

それが豊かなコクを生むことに繋がるのでしょうか。エアロプレスは奥が深いです。

湯を足す前は渋くて酸っぱい

お湯を足す前にちょっとだけ味見。

豆35gに対して100gのお湯という濃い目のレシピ通り、渋みと酸味が強くこのままじゃ飲めません。

色は薄くて濁りがあるけど、上質なエスプレッソにどことなく似ているようにも感じます。

豊かなコクとほんのりとした酸味

お湯を足して、少し口に含んでみます。

味見のときとは打って変わって、滑らかな舌触りに豊かなコクが相まってとても美味しいです。

香りはそれほど強く主張してこず、コーヒーらしさを控えめに演出しながら、ほんのりと爽やかさをプラスしてくれます。

これ、カフェで出されたら一瞬でファンになっちゃうコーヒーの味だ。ぼくは大好きです。

ただ、一杯に35gも使う高級レシピなのが玉にキズ…

豆の在庫に余裕があるときにまた飲みたいレシピです。


ウィーンの昼下がり【エチオピア 中煎り】

カップに鼻を近づけた時に広がるフルーティな香り。口に含んだ時に感じるのは甘みとコク。バランスの取れた酸味と苦みがどんな料理やスイーツにもよく合います。

100gあたり900円。送料は全国一律300円です。ご注文時に豆か挽きをお選びください。

なおき

なおき

nao coffeeの店主
コーヒーを探究して、その情報を共有しています。飲み比べをしたり、淹れ比べをしたり。たくさんの人が自分の大好きなコーヒーを見つけられるようになるのが目標です。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事