【WAC2018】エアロプレスチャンピオンシップ第3位のレシピ

253 views

2018年11月にシドニーで開催されたワールドエアロプレスチャンピオンシップ2018。

3位に輝いたエヴゲニ ピンチュコフさん(ベラルーシ)のレシピです。

特徴は3つ。

  • アップライト方式
  • 2枚のペーパーフィルター
  • コーヒーを抽出しきらない
コーヒー15g
挽き方 (細 1 > 10 粗)8/10
湯温と湯量80℃ / 230g
使用方法ノーマル(アップライト)
フィルターペーパーフィルター2枚
抽出時間プレス開始まで1:05
  1. タイマースタート。
  2. コーヒーを入れ、50gのお湯を注ぐ。
  3. 混ぜて30秒待つ。
  4. 180gのお湯を追加する。
  5. タイマーが1:05になったら混ぜる。
  6. プランジャーを取り付けて押し始める。
  7. コーヒーの粉が水面と同じ高さになるまで抽出する。
  8. カップに移して完成!

引用元:World AeroPress Champion Recipes

淹れてみた感想

今回使用した豆はコロンビア。自前の手網焙煎コーヒー。シナモンローストぐらいの浅煎りです。ナッツ系の香りをしっかりと出すことができました。

コーヒー豆

レシピは簡単

チャンピオンシップではあまり見かけないアップライト方式。

特に複雑な手順はなく、とても簡単です。

全てのコーヒーを抽出せずに少しだけ残すので、ポタポタコーヒーの滴るエアロプレスをシンクまで運ぶのに焦りました。あらかじめどこに置くか考えておくといいかもしれません。

プレスの時間は記載がなかったため20秒で試しました。

なんだか特徴のないコーヒーに

香りもコクも物足りなく、正直薄いと感じてしまいました。

アップライト方式で粒度が粗いとポタポタ落ちてしまうので、抽出しきらずに落ちたコーヒーが多いのかもしれません。

あっさりと雑味がないという良さもありますが、個人的にはあまり好きにはなれない味でした。

豆の量を増やすと良いかも

実は、チャンピオンシップでは豆とお湯の比率が「1g:5cc」ぐらいの贅沢なレシピが多いんです。(フィルターでの標準は「1:15」程度)

カフェで出すならともかく、家庭で一杯150ccに30gも使うのはちょっとコスパが悪く感じてしまいます。

今回のレシピは「1:12」ぐらいなので、ちょっと期待していたのですが、やはりもう少し濃く抽出した方が好きになれそうな味です。

あるいは、今回は豆との相性があまり合わなかったのかもしれません。もう少し香りやボディ感が強く出る豆だと良くなるかもしれませんね。

また違うコーヒー豆でも試してみようと思います。

関連記事